RSS | ATOM | SEARCH
メンテナンス 〜セルモーター
3VZ セルモーターオーバーホール

130サーフ 3000ccガソリン(3VZ)のセルモーターの情報がなかったので備忘録を残すことにしました。

先日の話ですがサーフの下回りを覗いていたらセルモーターの取り付けボルトを見つけました。
トヨタのマニュアルではクロスオーバーパイプ(V型エンジンの左右バンクのエキマニをつないでいるパイプです。これにフロントパイプと続きます)を取り外してからセルの脱着となっていたので、てっきり上側のボルトは見えないものと思い込んでいました。ミッションハウジング側からセルに刺さっていたので確認しずらかったたんです。
つまりセル側はナットと同じようにねじを切った穴になっています。
ミッションハウジングからスタッドボルトが生えているものと勘違いをしていたのもありますね。
下側ボルトはセルからミッションハウジングに刺さる向きなのですぐに確認できました。

セルの脱着よりも、摘出のほうが難しいです。
下から抜こうにも油圧のパイプ(たぶんAT)がじゃま。
結局サスアーム上の隙間から何とか摘出になりました。
おいらのサーフはボディリフトで2インチ揚げてあるので何とか摘出できたけど、ノーマルだとサスアームの上からの摘出はきついかも。知恵の輪状態ですな。

写真は摘出後、セル単体でのものです。


  
写真左:C端子(セルモーターがつながっていますね。)
写真右:30端子バッテリーからの+です。



  
写真左:H4年式、中期型です。 28100-65030 (後期方は28100-65010)
写真右:後期方は50端子の形状が変更になっているようです。



  
ミッションハウジングにつく部分です。こちらは後期方も同じとのことで、先の端子の問題をクリアできれば後期型のセルも使用できるようです。



セルの故障はモーター本体よりもマグネットスイッチの故障が多いと思います。
プランジャーが動くことによってピニオンの飛び出しとセルモーター本体への電流のON/OFFを制御してます。
大電流のおかげでその接点が少しづつ磨耗するようです。
ランクルなどの24V車は溶接に近いようにくっついてしまうことがあるみたいです。


    
写真左:マグネットスイッチのプランジャーです。まだ接点を磨いて使用します。
写真右:B端子側のほうが減りが早いようです。
それでも3分の2以上ありそうなので磨いて再使用です。
ちなみに走行距離は120000kmほど。
200000kmくらいはいけるのかも。

端子部分のみでも部品が出るようなので交換したいです。
でも用意できていないのでとりあえず接点だけ磨いてでこのまま組み付けます。

車両側の写真は後日公開しますね。
JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:車/バイク



author:Hide, category:く・る・ま, 23:25
-, -, pookmark