RSS | ATOM | SEARCH
念願の
念願のウインドシールドを付けました。
どこぞのブログでSRVに付けていたので、あちらにつくのなら付けようじゃないかと!







ちょっと傷だらけだけど、格安なのでよしとする
品物はヤマハのグランドマジェスティというスクーターの物
切った貼ったの現物合わせだけど、まぁなんとかって感じです
これで結構がっちりとしてるので大丈夫でしょう
author:Hide, category:JET&BOAT, 09:27
-, -, pookmark
近況
一年ぶりの更新です
最近一ヶ月間のJet&Boatです














author:Hide, category:JET&BOAT, 11:11
-, -, pookmark
放射能除去装置ヲモトメテ
宇宙戦艦ヤマトの様なタイトルで

実は放射能は二の次なんです
簡単に時系列でかきます

8月中旬 海水水槽内の硝酸塩値が換水してもなかなか下がらない

水道水中の硝酸塩値を測定すると20ppm検出

お魚用RO(逆浸透膜浄水器)を購入

実家に移設するも、低水圧の為使用できず

8月下旬 飲用ROを購入するべく情報収集 国内だと10から20万円という実態が明らかになる

円高を利用して個人輸入を企画、発注する

9月6日 発送
9月8日 フライト
9月10日 東京国際支店着 通関作業にはいる
9月14日 通関 発送
9月15日 配送完了 設置完了

放射能除去で注目されるROですが今回は硝酸塩(水道水の場合硝酸性窒素)の除去が目的です

硝酸性窒素は日本の水道法だと10ppmまでの混入が認められているようですがこれは世界的にみてとても高い基準だそうです

カナダはとても厳しいのだそうでカナダの基準で測ると日本の水道はそのほとんどが飲用不可になりそうですね

特においらの住んでる千葉県は農業が盛んなせいもあって高い傾向だそうです



今回はショップよりUSPSで直接発送してもらったので送料が高くついた




すでに設置後の写真です
6ステージで加圧ポンプ、ハイプレッシャースイッチ、4ガロンタンク、フォーセット(蛇口)で320ドル程度

ポンプなしだと209ドルくらいでとても安いです
これでアメリカのNSFという機関の認証も取ってます

ROが国内でもアメリカでも皆似通った形なのは10インチ規格のフィルターを採用しているからです
故にどこから購入したとしても大差はないと思います
また交換用フィルターの入手に困ることもないでしょう
逆浸透膜ノメンブレンはお魚用も飲用も同じものですし、1から3ステージまでのプレフィルターも大差ないでしょう
ただし、メーカーは飲用に使用するなと言うでしょうね

逆に飲用をお魚に用いる場合は注意が必要です
マンガンを吸着するフィルターにはリン酸を溶出させるものがあるので、水槽には向きません



1stage 5マイクロ セディメント
2stage GAC 粒状カーボン
3stage 5マイクロブロックカーボン
4stage Filmteck 50ガロンメンブレン
5stage DI イオン交換樹脂
6stageポストカーボン
が今回の構成です



本体はアンダーシンクに収納です
水栓がシンク上部壁付けなのでシンクに穴をあけて給水管を通します
赤いラインがそうです
穴を通過する部分は電材のグロメットを使用してます
これだけで水がられるということはないです
念のために下側からコーキング処理を勧めます
穴あけ加工は9.5mm
グロメットは内径5mm貫通する部分の外径8mm ツバ部分を含む外径が12mmです

フォーセットの穴あけ加工は12mmでやりました

加工と初期通水を含め設置時間は2時間程
交換用フィルターをいっぱい買って
送料が170ドルくらい
全部で700ドルくらいかかりました

国内で調達したとしたら安いとこでも15万くらいの買い物と思います




author:Hide, category:DIY, 09:41
-, -, pookmark
iPhoneを光回線で使う(光電話子機化)の覚書、その2 VPN対応



 自宅にVPNで接続し、 iPhoneをひかり電話の子機として登録iPhoneの電話帳から光回線で電話の発信を目的とします。

前回記事「iPhoneを光回線で使う(光電話子機化)の覚書」の続きになります。
http://blog.discount777.com/?eid=1159089

追加で必要なもの 無線ルーター バッファロー WHR-G301N

巷では バッファローの有線ルーター BHR-4RV を使用してVPNを行う記事が良く検索でひっかかりますね。
同様のことをやるわけですが、若干工夫を凝らして。







1 まず、ひかり電話ルーター PR-S300NEの設定から。

設定の前に設定を行うPCのIPアドレスを固定にしておきます。
もちろん同じネットワーク内になるようにします。
今回はひかり電話ルーターが192.168.1.1なので192.168.1.100などに。
その後ブラウザーよりひかり電話ルーターにアクセスし、設定をします。

PPPoEの切断

ひかり電話ルーターのPPPoEをすべて切断します。
接続名はそのままで、パスワードを未記入にしました。
そして「接続可」のチェックをはずす。
フレッツスクエアの設定も停止してください。





DHCPサーバー停止

DHCPサーバー(DHCPv4サーバー)を停止します。
設定を行うPCがIPアドレスをDHCPより自動割当にしているとここでアクセスできなくなるので先の設定が必要にあります。
もともと固定で運用していた場合は割愛してください。







PPPoE

PPPoEブリッジを有効(ひかり電話ルーターではデフォルトでOK)

ここでいったんLANケーブルを抜いて、WHR-G301NのLANポートに接続。






2 WHR-G301Nの設定

WHR-G301NのIPアドレスを変更します。
操作するPCのIPアドレスを192.168.11.100等にしてWHR-G301Nの設定画面にアクセスし、WHR-G301NのLAN側アドレスを変更します。今回はひかり電話ルーターのネットワークにあわせます(例192.168.1.200等)。
また、DHCPサーバーを有効にしIPアドレスの範囲は他の固定の機器とかぶらないような設定にします。

今回このPCはIPアドレスを固定で運用していますのでTCP/IPの設定の「デフォルトゲートウェイ」、「DNSサーバー」のアドレスもあわせてWHR-G301Nのアドレスに設定しています。
お好みでDHCPでも大丈夫です。



WHR-G301NのWANポートと、ひかり電話ルーターの1番LANポートをつなぎます。



WHR-G301N

PPPoEの設定をします。
写真ではすでに有効になっています。
契約のプロバイダー情報を元に、設定してください。
ひかり電話ルーターでpppoEのブリッジが有効になっていますので、ひかり電話ルーター越しにインターネットに接続できるようになります。

ここで接続しているのにインターネットの画面が出ない場合はPCのネットワーク設定(ゲートウェイ、DNSの設定)を確認してください。






PPTPサーバーの設定

PPTPサーバーの設定をします。
「サーバーIPアドレス」はたぶん自動でもいけると思います。
今回はいったん自動で割り振られたものを手動設定しています。
他、写真の設定に。





PPTPユーザー設定

PPTPのユーザーを作成します。
もうすでに作ってあるので、その修正画面です。
大事なのは「IPアドレス割り当て方法」を「DHCPの範囲から取得」にします。
固定にしたい場合はひかり電話ルーターと同じネットワークになるように192.168.1.*にします。

WHR-G301NのLANポートとひかり電話ルーターのLANポートを接続します。

*WHR-G301NのPPPoEの設定でフレッツスクエアを使用しないでください。
マルチセッションでいけると思ったのですがおかしくなりました。
LANポート同士を接続したときにパケットがループするようで、LANポートが激しく点滅します。
素人なので理由は良くわかりません  (^_^;)

またこの時点でひかり電話ルーターの設定画面にアクセスできることを確認してください。



3 iPhoneのVPN設定

iPhoneにVPN接続の設定をします。

VPN

設定 → 一般 → ネットワーク → VPN と進み、VPNの設定をします。

写真はすでに作ってある状態です。
「VPN構成を追加」をタップして作ってください。




VPN詳細

真ん中のPPTPを選択、
「説明」 は自分でわかりやすい名前でOK、
「サーバ」 は自分の家のグローバルIPアドレス(WAN側IPアドレス)を入れます。
「アカウント」は作成したユーザー名を記入。
保存します。


*固定IPかダイナミックDNSの利用が望ましいと思いますが、我が家ではしていません。
そこまで必要ないかな、と・・・
WHR-G301NのPPPoEを切断しない設定にすれば一応固定されますね。

*グローバルIPアドレスを調べる方法
ここにアクセスしてください http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi 
WHR-G301Nのステータスからも確認できます。



4 使い方

VPN接続を起動します。
パスワードを入力、認証されて接続が確立されればOK。
Media5 fone を起動します。

イーモバイルのポケットWiFiでもOK、無事に内線登録できました。
ここから発信すると自宅の番号が相手方に表示されます。
おいらの環境ではVPNのOn-OffとWiFiの接続先の切り替えだけでだけで自動的に子機登録されています。
だめならMedia5 foneを再起動してみてください。
3Gでも同様に行くと思いますが、パケット代金を最低額で使用しているおいらには確認していません。


またWHR-G301NなしにWinXPにあるPPTPサーバー機能を利用し接続も可能。
新しい接続のウィザードから接続を作成します。
この場合PCの電源を入れっぱなしにするか、WOLを使う、タイマーで復帰させる等の工夫が必要です。


お疲れ様でした。


author:Hide, category:PC/モバイル, 14:13
-, -, pookmark
iPhoneを光回線で使う(光電話子機化)の覚書
JUGEMテーマ:コンピュータ

 iPhoneを光電話の子機として登録し、iPhoneの電話帳から光回線で電話の発信を目的とします。

必要なもの

ひかり電話ルーター NTT PR-S300NE (レンタル品)
iPhone ( クライアントソフトとして、Media5 fone)



1 ひかり電話ルーターに登録する子機を設定する。



エントリーの3と4に追加しました。
二つ必要なわけではありませんのでiPhoneが1台の方は1つでOK。





エントリーの詳細です。
ニックネームは適当でOK。
Macアドレスはセキュリティの観点からも登録したほうがいいでしょう。



2iPhoneのSipクライアントを設定する


Media5


今回はMedia5 fone(Media5Phone) の無料版をを使用。
日本語対応です (^。^)
設定より「Sipアカウント設定」新規で追加します。
今回は「ひかり電話」としました。



Sipアカウント

アカウント「ひかり電話」の設定です。
ユーザー名 は ひかり電話ルーターの内線番号を記入
パスワードは上記ひかり電話ルーターの内線設定でしたもの。
サーバー設定に続きます。




サーバー設定

サーバー設定は
アドレス ひかり電話ルーターのアドレス
ポートはデフォルトのまま5060で。以下同様にデフォルトのままです。
前の画面に戻り、詳細設定に続く。




詳細設定

詳細設定
表示名は多分適当でOK(未確認)
認証ユーザー名 は上記ひかり電話ルーターの内線設定のユーザーID(今回の場合0003)
以下デフォルトのままです
保存します。




レジスト画面

無事に接続されるとこの画面が表示され、真ん中の発信ボタンが緑になります。
テストとして、内線通話をします。
ひかり電話ルーターのアナログポートにつながれた一般の電話機の受話器をとり「3#」と入力。
iPhoneの呼び出し音が鳴ればOK。
内線通話なので無料です。
バックグラウンドでの着信、ロック中の着信もできています。


外線発信は履歴、連絡先、キーパッドよりできます。
右上のキーボードのアイコンをクリックするとキーボードが出ます。
発信する番号に番号を追加することができます。
例として、非通知「184」など。


〜iSipについて
Sipクライアントには無料で使えるものや低価格のものがいくつかあります。
iSip は115円でしたが連絡先からの発信ができず、またアプリがバックグラウンドに回ったときに着信ができませんでした。アプリ起動中のみ発着信はOKでした。
600円で追加機能がアンロックできるようですが購入していません。
アンロック後、バックグラウンドでの着信が可能かどうかもわかりません。
また、日本語対応していませんので英語表記です。



author:Hide, category:PC/モバイル, 13:29
-, -, pookmark